知れば知るほど見たくなるプラネタリウムの魅力について

プラネタリウムの詳細について改めて知ってみませんか?

知れば知るほど、幻想的なプラネタリウムに包まれたいと思うはずですよ。

家でも幻想的なプラネタリウムを楽しめる

今は家でも幻想的なプラネタリウムを十分に楽しむ事が出来ます。
と言うのも、最近の家庭用プラネタリウムは安い物から高い物まで、実に豊富なラインナップが揃っているからです。
ちょっと高めの物を買って、大きな部屋に幻想的な星の海を映し出すも良し。
もしくは安い物を買って、子供部屋に置いて星空を体験してもらうのも良し。
安くても高くても、今は誰もが気軽に家でプラネタリウムを楽しめる時代なのです。

本格的なプラネタリウムを楽しむためには?

とことん幻想的なプラネタリウムを楽しみたいなら、プラネタリウムが見られる施設に行くと良いでしょう。
こうした専門の施設と家庭用プラネタリウムの違いは圧倒的なスケールです。
自分の家では体験出来ない大きなホールなどで星空を見られる訳ですから、その圧倒感が幻想を導き出すのは当然のこと。
家で手軽に楽しむのも良いですが、より本物の星空に近い光景を体験したいなら、ぜひ専門の施設に足を運びましょう。

幻想的なプラネタリウムの要素

さて、家庭用でも施設でもどんなプラネタリウムが幻想的と言えるのでしょうか。
それは大きさだったり鮮明さだったり、色々な要素があるでしょう。
でも一番幻想的なプラネタリウムを醸し出す要素は単純に星の数です。
どれだけ空間に星が投射されているのか、それだけで人を魅了させる感動の力が変わってきます。
プラネタリウムは広い空間と、圧倒的な星の数が相まって完璧な星空を演出できる、という事ですね。

家でも幻想的なプラネタリウムを楽しめる

今は家でも、家庭用のプラネタリウムで十分に楽しめます。
もちろん壁いっぱいに星空を投射する事が出来ますし、他にも様々な機能が搭載されています。
気軽にプラネタリウムを楽しみたいなら、まずは家庭用のプラネタリウムを購入してみると良いでしょう。

2週間楽しみつくすドライブ合宿の星空は感動する

自動車の免許をとるためには一ヶ月くらいかけて通いで受講しに行く教習所を思い浮かべる方がほとんどです。しかし通わなくても、2週間予定を空ければほぼ確実に免許取得できてしまう合宿という方法もありますよ。

ハードな込みこみのスケジュール

2週間で免許を取るためにはそれなりにハードなプランが用意されているからです。各地点で人が乗り込んでくるバスで目的のドライビングスクールがある土地へ向かいます。

お昼すぎに到着しますが、着いたらすぐさま実習があります。ゲームセンターにあるような体感できる車のマシーンで操作をおぼえたらさっそく外に出て実際の車を走らせます。最初は時速30キロのゆっくりドライブから。ドキドキする間も無くスタートするので誰でもあれよあれよという間に慣れてしまいます。

1週間後にはドライビングスクールを出て一般道を走ります。場所によっては高速道路がないため、高速研修はマシーンを使うところもあります。田舎道なので信号はすくなく、黄色の点滅信号ばかりの道で練習することになるので、すぐに慣れることができます。ただし帰ってから都会でドライブする予定の人は帰ってからのほうがドキドキするかもしれませんが。

しかしかならず2週間の中で取得できるわけではありません。実技と筆記のテストがあり、段階をふんでそれに合格しなければ予定どおりには帰ることができません。

講義以外のお楽しみプランも満載

講義と実習で予定はそれなりにパンパンに詰め込まれます。しかし授業のコマを組みあわせるようなイメージなので空きコマもでき、その時間は新しくできた友達とお茶したりショッピングもできます。中にはそこで出会った異性とカフェやレストランでデートする人もいます。

楽しめるプログラムとしてアクティビティが用意されている合宿では茶道、華道体験や夜空プラネタリウム体験がありました。田舎の地での合宿だったので星空は感動できるもので、わざわざ20分かけてバスで移動した先に展望台も用意されているところもあります。普段味わえない旅行にも似た体験ができるのも、泊まりがけの合宿ならではの魅力ポイントですね。

遠くのお友達と仲良く交流できる

そして合宿の醍醐味は、普段の生活圏内では絶対に出会えない友人ができることです。たった2週間を一緒に過ごしただけなのですが、不思議な絆が生まれます。寝食をともにしていれば知らず知らずのうちに気心知れた仲になるものかもしれませんね。

合宿を終えてからもメールやLINEでグループを作って連絡を取り合う人もいれば、旅行に出かけた時に家に立ち寄るなど近くないけれど遠くもないお付き合いを続ける人もいるそうです。年に一回ドライブ会と称して遠方までいって集まるグループもあるようです。もちろん行く手段はそれぞれの車の運転で。免許取得のための合宿でも、一生ものの友人ができる可能性もあるのですね。

2週間の予定を空けることができるのであれば、楽しみながら交友の範囲を広げながら免許を取りましょう。プログラムも満喫して忘れられないものになることでしょう。