田舎と都会の星空はどう違うのか

田舎と都会では、同じ星空でも見え方が違ってきます。
簡潔に言えばやはり、田舎の方が良く星空が見えるものなのです。

田舎の方が明るい星空を見られる

田舎と都会で比較するにあたって、一番違う点は明るさです。
やはり周りが暗い傾向にある田舎は星空が明るく見え、地上の明るい都会はその明るさのせいで星が見えにくいです。
都会の場合、例え目線を遮断するビルが無くとも、どうしても地上の明るさが天体観測を妨害してしまう訳です。
明るい対象物を見るなら暗い所が最適な訳だから、鮮明な星空を見るならやはり田舎がベストです。

田舎はどんなアングルからでも星空を見られる

都会ではベストポジションを確保出来ないというのも、明るい星空を見られない理由になります。
沢山の星を見るには良い場所が必要ですが、都会では遮断物が多く場所の確保が難しいです。
その点、最適な場所を確保しやすい田舎は、特に明るく星が見える場所を見つけやすいでしょう。
良い場所で空を見上げるだけでも、より多くの星がクッキリ見られるようになるのです。

田舎と都会で違うのは星の鮮明さ

田舎は地上が暗く場所を確保しやすいので、空に浮かぶ星が最大限に沢山、そして鮮明に見えます。
逆に都会では地上の明るさが星空の明かりをぼやけさせ、小さな星などは特に見えにくくなってしまいます。
満点の星空を見上げるなら、やっぱり田舎が一番でしょう。

季節による星空の違い